月と海と風にかこまれながら

hosokenの音楽好きの日記です。今日の曲(不定期の更新)・ 日常の出来事なども書いていこうと思っています。
Top Page » Next
2021-05-14 (Fri)

MR.BIG『DADDY, BROTHER, LOVER, LITTLE BOY(The Electric Drill Song) 』『TO BE WITH YOU』『GREEN-TINTED SIXTIES MIND』

『リーン・イントゥ・イット』1、DADDY, BROTHER, LOVER, LITTLE BOY(The Electric Drill Song)2、ALIVE AND KICKIN`3、GREEN-TINTED SIXTIES MIND4、CDFF-LUCKY THIS TIME5、VOODOO KISS6、NEVER SAY NEVER7、JUST TAKE MY HEART8、MY KINDA WOMAN9、A LITTLE TOO LOOSE10、ROAD TO RUN 11、TO BE WITH YOU12、LOVE MAKES YOU STRONG(ボーナス・トラック)この曲はMR.BIGの1991年に出た2ndアルバム『リーン・イン...



『リーン・イントゥ・イット』

1、DADDY, BROTHER, LOVER, LITTLE BOY(The Electric Drill Song)
2、ALIVE AND KICKIN`
3、GREEN-TINTED SIXTIES MIND
4、CDFF-LUCKY THIS TIME
5、VOODOO KISS
6、NEVER SAY NEVER
7、JUST TAKE MY HEART
8、MY KINDA WOMAN
9、A LITTLE TOO LOOSE
10、ROAD TO RUN 
11、TO BE WITH YOU
12、LOVE MAKES YOU STRONG(ボーナス・トラック)




この曲はMR.BIGの1991年に出た2ndアルバム『リーン・イントゥ・イット』に収録されています。
曲はハードロックです。



メンバーはエリック・マーティン(ボーカル)ポール・ギルバート(ギター)ビリー・シーン(ベース)パット・トーピー(ドラム)になります。



MR.BIGのアルバムの中で一番好きなアルバムになります。



『DADDY, BROTHER, LOVER, LITTLE BOY(The Electric Drill Song)』は、オープニングにふさわしくハードな曲でライヴでは曲の途中で電動ドリルの先にピックをつけてギターとベースを弾いていて疾走感あり盛り上がる曲です。



『TO BE WITH YOU』はアコースティックギターを中心に歌われた曲でサビのコーラスはメンバーで歌われています。



あと『GREEN-TINTED SIXTIES MIND』も好きな曲です。





『DADDY, BROTHER, LOVER, LITTLE BOY(The Electric Drill Song)』

ライヴ

『TO BE WITH YOU』

『GREEN-TINTED SIXTIES MIND』







スポンサーサイト



2021-05-13 (Thu)

REOスピードワゴン『LOVE IS A ROCK』『THE HEART SURVIVES』

『THE EARTH, A SMALL MAN, HIS DOG AND A CHICKEN』1、LOVE IS A ROCK2、THE HEART SURVIVES3、LIVE IT UP4、ALL HEAVEN BROKE LOOSE5、LOVE IN THE FUTURE6、HALF WAY7、LOVE TO HATE8、YOU WON`T SEE ME9、CAN`T LIE TO MY HEART10、L.I.A.R.11、GO FOR BROKEこのアルバムは1990年に出たREOスピードワゴン『THE EARTH, A SMALL MAN, HIS DOG AND A CHICKEN』です。REOスピードワゴンの曲はロックです。このアルバムと...



『THE EARTH, A SMALL MAN, HIS DOG AND A CHICKEN』

1、LOVE IS A ROCK
2、THE HEART SURVIVES
3、LIVE IT UP
4、ALL HEAVEN BROKE LOOSE
5、LOVE IN THE FUTURE
6、HALF WAY
7、LOVE TO HATE
8、YOU WON`T SEE ME
9、CAN`T LIE TO MY HEART
10、L.I.A.R.
11、GO FOR BROKE




このアルバムは1990年に出たREOスピードワゴン『THE EARTH, A SMALL MAN, HIS DOG AND A CHICKEN』です。
REOスピードワゴンの曲はロックです。



このアルバムとの出会いはREOスピードワゴンというバンド名とCDのジャケットの絵が気になって近くのレンタル屋で借りたのがきっかけでした。



その当時は洋楽はビートルズとジョン・レノンぐらいしか聴いていなかったのでREOスピードワゴンを聴いた時はかなり衝撃だったのを覚えています。



REOスピードワゴンがすごく好きになり気がつけば30年ぐらい聴いています。
このアルバムがREOスピードワゴンの中でも一番好きなアルバムです。



特に『LOVE IS A ROCK』『THE HEART SURVIVES』が好きな曲です。
このアルバムから本格的に洋楽を聴きはじめました。



『LOVE IS A ROCK』

ライブ

『THE HEART SURVIVES』



1990年と1991年は邦楽も洋楽も僕にとって大事な音楽の出会いの年です。
ここで出会った音楽を今も好きで聴いています。






いいアルバムから入りましたね! * by グラハムボネ太郎
REO SPEEDWAGONのジャケットが目に留まるだなんて実にお目が高い!
REO SPEEDWAGONには捨てアルバムなんかないですけど、もう終わった的な時代にもこんな素晴らしいアルバムを出してるところが凄いです。ただ人気復活にはならなかったのが残念ですけどね。
私も好きなんで、ブログの極初期に書いてましたのでよろしければどうぞ
http://takaoy1.blog.fc2.com/blog-entry-402.html

グラハムボネ太郎 さんへ * by hosoken
あの時にレンタル屋で見ていなかったら出会えていなかっただろうからREOスピードワゴンに出会えたこといいアルバムに出会えたことに感謝しています。

ブログを見ました。
本当にそうですよね。
僕もほぼ全アルバムを持っています。(クリスマスアルバムとライブ盤を持っていないのがあるくらいで)
本当に捨て曲がないですよね。
一番初めのボーカルもいいけどやはりケヴィン・クローニンのボーカルがいいです。

『禁じられた夜』もいいしすごく好きなアルバムだけどREOスピードワゴンの中でこのアルバムが一番好きです。

2021-05-12 (Wed)

今日は(5月12日)・・・

昨日と違って今日は雨が降って寒い1日でした。今日はあまり忙しくはなくて仕事が早めに終わったので昔の曲だけど聴きたくなった曲があって数ヶ月ぶりにBOOKOFFにCDを探しに行って来ました。掘り出し物があってCDを何枚か購入しました。5月の連休は外に出てなかったのでいい気分転換になりました。大分県や九州全域でも新型コロナウィルスの変異株が増えてきています。隣の福岡県では今日から3度目の緊急事態宣言が出たし大分県...



昨日と違って今日は雨が降って寒い1日でした。
今日はあまり忙しくはなくて仕事が早めに終わったので
昔の曲だけど聴きたくなった曲があって数ヶ月ぶりに
BOOKOFFにCDを探しに行って来ました。
掘り出し物があってCDを何枚か購入しました。
5月の連休は外に出てなかったのでいい気分転換になりました。



大分県や九州全域でも新型コロナウィルスの変異株が増えてきています。
隣の福岡県では今日から3度目の緊急事態宣言が出たし
大分県では不要不急の外出自粛と県内全域に飲食店の
営業時間短縮要請が出たみたいです。



もう気がつけば1年あまり家と仕事と買い物とたまに外に出る生活を送っているけどなかなか収まる気配がないですね。






2021-05-11 (Tue)

14カラット・ソウル『You`ll Never Be Alone(ひとり)』『Forever(永遠に) 』『Get Back In Love』『Don`t Walk Away』

『LOVE YOU ALL』1、The Girl In White2、I Love You3、Get Back In Love4、Kierra, For You5、Let`s Be Friends6、Say Yes7、Don`t Walk Away      (原曲 no no darlin`)8、Sora-ni Hoshi-ga Aruyoni      (空に星があるように)9、Harmony      (二人のハーモニー)10、You`ll Never Be Alone  (ひとり)11、Forever  (永遠に)12、That Kinda Song  (こういう曲調好き...



『LOVE YOU ALL』

1、The Girl In White
2、I Love You
3、Get Back In Love
4、Kierra, For You
5、Let`s Be Friends
6、Say Yes
7、Don`t Walk Away
      (原曲 no no darlin`)
8、Sora-ni Hoshi-ga Aruyoni
      (空に星があるように)
9、Harmony
      (二人のハーモニー)
10、You`ll Never Be Alone
  (ひとり)
11、Forever
  (永遠に)
12、That Kinda Song
  (こういう曲調好き)
13、Loveland, Island
14、Love You All




2002年に出た14カラット・ソウルの『LOVE YOU ALL』という14周年記念アルバムになります。
14カラット・ソウルはア・カペラグループになります。



このアルバムは曲名を見てわかるかもしれないけど日本のアーティストとコラボレーションした曲や山下達郎 CHAGE & ASKA ゴスペラーズなどの曲を英語でカバーをしています。
あとオリジナルが1曲と『空に星があるように』『二人のハーモニー』の2曲は日本語でカバーされています。



『You`ll Never Be Alone(ひとり)』と『Forever (永遠に)』のオリジナルはゴスペラーズの曲になります。
14カラット・ソウルとの出会いのきっかけになった曲でもあります。
初めに買った『TAKE ME BACK』というアルバムに収録されていて英語でカバーをしています。



『Don`t Walk Away』はタイトルは違うけどCHAGE & ASKAの曲のカバーで『no no darlin`』です。



特に好きな曲は『You`ll Never Be Alone(ひとり)』『Forever (永遠に)』『Get Back In Love』『Don`t Walk Away( no no darlin`)』です。




『You`ll Never Be Alone(ひとり)』

『Forever (永遠に)』

『Get Back In Love』

『Don`t Walk Away( no no darlin`)』





2021-05-10 (Mon)

GARNET CROW『君の家に着くまでずっと走ってゆく』『夏の幻』『Rhythm』『千以上の言葉を並べても...』

『first soundscope~水のない晴れた海へ~』1、水のない晴れた海へ2、君の家に着くまでずっと走ってゆく3、夏の幻4、二人のロケット5、巡り来る春に6、HAPPY DAY?7、Mysterious Eyes8、Rhythm9、Holding you, and swinging 10、flying11、千以上の言葉を並べても...12、wonder land13、夏の幻(secret arrange ver.)このアルバムは2001年に出たGARNET CROWのメジャー1stアルバム『first soundscope~水のない晴れ...



『first soundscope~水のない晴れた海へ~』

1、水のない晴れた海へ
2、君の家に着くまでずっと走ってゆく
3、夏の幻
4、二人のロケット
5、巡り来る春に
6、HAPPY DAY?
7、Mysterious Eyes
8、Rhythm
9、Holding you, and swinging 
10、flying
11、千以上の言葉を並べても...
12、wonder land
13、夏の幻(secret arrange ver.)




このアルバムは2001年に出たGARNET CROWのメジャー1stアルバム『first soundscope~水のない晴れた海へ~』です。



GARNET CROWは、中村由利(ボーカル・作曲)  AZUKI 七(作詞・キーボード)岡本仁志(ギター)古井弘人(キーボード・編曲)の4人のバンドです。



GARNET CROW以外の活動として岡本仁志・古井弘人・中村由利はそれぞれで他のアーティストにも曲を提供したり、AZUKI 七は詞を提供しています。



GARNET CROWの曲は、AZUKI 七の独特な詞と中村由利の歌と曲がすごく合っています。



GARNET CROWの曲との出会いは2000年にメジャーデビューした時に出された2枚同時に出たシングルのうちの1枚で『君の家に着くまでずっと走ってゆく』の中古シングルを買ったのがきっかけでだったのですが、初めて聴いた時はイマイチピンと来なくてはずっと聴いていませんでした。
2002年にCDを整理している時にたまたま手に取った『君の家に着くまでずっと走ってゆく』のシングルのタイトルが気になって曲をじっくり聴いた時にすごくハマったのを覚えています。
それからGARNET CROWのアルバムを集めはじめました。



全曲好きなのだけど特に『君の家に着くまでずっと走ってゆく』『夏の幻』『Rhythm』『千以上の言葉を並べても...』が好きです。



『君の家に着くまでずっと走ってゆく(indies ver.)』(インディーズの時のミニ・アルバムに入っているバージョン)

『夏の幻』(ライブ)

『Rhythm』

『千以上の言葉を並べても...』







2021-05-08 (Sat)

TOTO『CHILD`S ANTHEM(子供の凱歌)』『HOLD THE LINE』『GIRL GOODBYE』『GEORGY PORGY』

『TOTO(宇宙の騎士)』1、CHILD`S ANTHEM(子供の凱歌)2、I`LL SUPPLY THE LOVE3、GEORGY PORGY4、MANUELA RUN5、YOU ARE THE FLOWER6、GIRL GOODBYE7、TAKIN` IT BACK8、ROCKMAKER9、HOLD THE LINE10、ANGELATOTOの曲との出会いは中学生3年ぐらいだと思うけど家の近くのレンタル屋で1990年に出たTOTOのベストアルバムの『グレイテスト・ヒッツ~PAST TO PRESENT 1977-1990~』を借りてからハマって聴きはじめました。...



『TOTO(宇宙の騎士)』

1、CHILD`S ANTHEM(子供の凱歌)
2、I`LL SUPPLY THE LOVE
3、GEORGY PORGY
4、MANUELA RUN
5、YOU ARE THE FLOWER
6、GIRL GOODBYE
7、TAKIN` IT BACK
8、ROCKMAKER
9、HOLD THE LINE
10、ANGELA




TOTOの曲との出会いは中学生3年ぐらいだと思うけど家の近くのレンタル屋で1990年に出たTOTOのベストアルバムの『グレイテスト・ヒッツ~PAST TO PRESENT 1977-1990~』を借りてからハマって聴きはじめました。



この曲は1978年に出たTOTOのファースト・アルバム『TOTO(宇宙の騎士)』に収録されています。



TOTOが結成されるきっかけはボズ・スキャッグスのレコーディングにジェフ・ポーカロとデヴィッド・ペイチが参加したのがきっかけでTOTOが結成されたみたいです。



TOTOのメンバーはボビー・キンボール(ボーカル)スティーヴ・ルカサー(ギター/ボーカル)デヴィッド・ハイゲイト(ベース)デヴィッド・ペイチ(キーボード/ボーカル)スティーヴ・ポーカロ(キーボード/ボーカル)ジェフ・ポーカロ(ドラム/パーカッション)です。



『CHILD`S ANTHEM(子供の凱歌)』はアルバムのオープニングにふさわしいインストルメンタルの曲です。



『HOLD THE LINE』はTOTOの曲の中で一番好きな曲です。
ギターのソロがすごくかっこいいです。



特に好きな曲は『CHILD`S ANTHEM(子供の凱歌)』『HOLD THE LINE』『GIRL GOODBYE』『GEORGY PORGY』です。



TOTOは今もずっと好きで聴いています。





『CHILD`S ANTHEM(子供の凱歌)』ライブ

『HOLD THE LINE』MV

『GIRL GOODBYE』

『GEORGY PORGY』MV






2021-05-07 (Fri)

ピーター・フランプトン『Baby I Love Your Way』

『アコースティックス』1、You Can Be Sure2、Baby I Love Your Way(new acoustic version)3、All I Want To Be(Is By Your Side)(acoustic live version)4、Show Me The Way(acoustic live version)このピーター・フランプトンの1994年に出た『アコースティックス』という日本企画盤のミニ・アルバムになります。『You Can Be Sure』のシングルの曲にプロモーションで来日した時に収録されたアコーステック・ライヴの一部の曲...



『アコースティックス』

1、You Can Be Sure
2、Baby I Love Your Way(new acoustic version)
3、All I Want To Be(Is By Your Side)(acoustic live version)
4、Show Me The Way(acoustic live version)




このピーター・フランプトンの1994年に出た『アコースティックス』という日本企画盤のミニ・アルバムになります。
『You Can Be Sure』のシングルの曲にプロモーションで来日した時に収録されたアコーステック・ライヴの一部の曲が入っています。



高校の時に友達にいろいろなおすすめの曲をカセットテープに録音してもらった中の1曲がピーター・フランプトン『Show Me The Way』でした。
その時はピンと来なくてその後に学生になって本屋のCDコーナでアコーステックバージョンが気になって買ったのはこのミニ・アルバムです。




『Baby I Love Your Way』はピーター・フランプトンの曲でレゲエのバンドのビッグ・マウンテンがカバーしていてヒットしていた曲でも有名です。



このミニ・アルバムの『Baby I Love Your Way』はアコースティック・ギターで歌っていてすごくいいです。



アコーステックや弾き語りは原曲とは違う曲の良さが感じられて好きです。




『Baby I Love Your Way』ピーター・フランプトン(Live Acoustic)


『Baby I Love Your Way』ビッグ・マウンテン







2021-05-06 (Thu)

キャロル・キング『You`ve Got A Friend』『So Far Away』『Way Over Yonder』

『TAPESTRY(つづれおり)』1、I Feel The Earth Move2、So Far Away3、It`s Too Late4、Home Again5、Beautiful6、Way Over Yonder7、You`ve Got A Friend8、Where You Lead9、Will You Love Me Tomorrow?10、Smackwater Jack11、Tapestry12、(You Make Me Feel Like)A Natural Woman13、Out In The Cold(未発表曲)14、Smackwater Jack(未発表ライブ)この曲はキャロル・キングの1971年に出た2ndアルバム『TAPESTRY(つづ...



『TAPESTRY(つづれおり)』

1、I Feel The Earth Move
2、So Far Away
3、It`s Too Late
4、Home Again
5、Beautiful
6、Way Over Yonder
7、You`ve Got A Friend
8、Where You Lead
9、Will You Love Me Tomorrow?
10、Smackwater Jack
11、Tapestry
12、(You Make Me Feel Like)A Natural Woman
13、Out In The Cold(未発表曲)
14、Smackwater Jack(未発表ライブ)




この曲はキャロル・キングの1971年に出た2ndアルバム『TAPESTRY(つづれおり)』に収録されています。
このアルバムは1999年に再発売したアルバムで2曲未発表曲が入っています。



キャロル・キングの曲との出会いは原田知世さんの『Summer breeze』というカバーアルバムの中にキャロル・キングの『You`ve Got A Friend』をカバーしていて曲が良かったのでオリジナルを聴きたくて買ったのがこのアルバムです。
それまでキャロル・キングの名前も曲も知らなくて原田知世さんのカバーアルバムを聴かなければ出会ってなかったと思います。



『You`ve Got A Friend』は歌詞もいいし今聴いてもいい曲です。
昨年からいろいろとあっているけどこの曲を聴くたびにすごく励まされます。



好きな曲は『You`ve Got A Friend』『So Far Away』『Way Over Yonder』です。



『You`ve Got A Friend』

『So Far Away』

『Way Over Yonder』






"I Feel The Earth Move" * by YOU NO IT NAME
若かりし頃、遡って聴いた本作のリーダー・トラックにシビれました。確か数年前に、日本のバンド?ユニット?でカバーしていて、女性ボーカルでしたが、物凄くパンチのある
声質だったな。名前は覚えていません(汗)

YOU NO IT NAME さんへ * by hosoken
『I Feel The Earth Move』もいいですよね。
このアルバムしか持っていないけど全曲いいですね。

カバーをしている日本のバンドがあるのですね。
僕も知らないのですごく気になります。
YouTubeで検索してみたらGLIM SPANKY(グリムスパンキー)
というユニットが出てきました。
知らないユニットだけど聴いているかぎり歌も上手いしいいですね。

書いている日本のカバーをしているバンドかはわからないけど
とりあえず見つけたのYouTubeのリンクをしました。

https://youtu.be/K7DTcXu5VTU


まさにこれです! * by YOU NO IT NAME
しかも、さらに薄い記憶ですが、コレCMに使われていたような気がします。ホント有難うございます...自分で探せっちゅうの(苦笑)

YOU NO IT NAME さんへ * by hosoken
このユニットだったのですね。
見つかって良かったです。

オリジナルを聴いていないので何とも言えないけど
本当にカバーの曲を聴く限りボーカルが上手いですね。
言われて調べてなかったら知ることはなかったと思います。

つづれおりかぉ(笑) * by グラハムボネ太郎
このアルバムを聴くたびに思います
「あゝ、こういうのを名盤って言うんだなぁ〜」って。
一曲だけ聴くとかではなく、気がつくとアルバム通して聴いている。
完璧な名盤ですね。大好きです、ハイ

グラハムボネ太郎 さんへ * by hosoken
本当にそうですね。
全曲いいですね。
昔のアルバムなので古さを感じないです。
どんなに時が経ってもどんなに時代が変わっても色褪せないですよね。

僕も好きなアルバムです。